今日もポイ捨て 投げ槍日誌

餓狼伝説シリーズ(特にRB2)を主体としながらいろいろ迷走してみようと思っていた時期がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガデュリンプレイ端折りっ記・後編

次の目的地『コルダーン』へ行く為には5個の玉が必要なのだが、これを集めるのが面倒臭い。
鍵を手に入れ、各地のダンジョンにもう一度潜らなければならないのだ。
魔除けの水で戦闘は回避できるとしても、面倒には違いない。

コルダーンへ到達すると、邪神『ズール』を倒す為には12の装備が必要だと言われ、鍵を渡される。

・・・。
またトビラ探しデスカ?
ヒントなど何も無い。記憶を頼りに、過去に開けられなかった扉を開けまくるのみ。
だだっ広いダンジョンのどの分岐から扉に行けたかな?
あーもう!間違った。やーっ、かったるい!
この時点で80%の人がカセットを窓から投げ捨てることだろう。
・・・そんな感じで全部集めて、いざラストダンジョンへ。

で、ラストダンジョンですが、2つの小道具が必要です。
1つは『ハンドブリッジ』。コルダーンで売っているアイテムなのだが、これを使って橋を掛けながら進まねばならない。
次に必要なのが『かぎロープ』。フロアの中心にある黒マスで使う。
どちらも、使う場所を調べてもメッセージが出るわけでは無いし、ノーヒント。
初プレイだと詰まる可能性が有る。
この時点で95%の人が(ry

そんなこんなで最終決戦。
防御魔法を使うのを忘れて、超ダメージ+ふっとびの『だいしんくう』を2ターン連続で喰らって、回復する間も無く全滅。
リベンジ戦は仕事きっちりで無難に勝利。
地球へ帰るのか、ファナと共にガデュリンに留まるのか、最後の選択をし、エンディングを迎えた。

久々にプレイして、改めて戦闘のウザさを思い知った。
雑魚戦がこれだけ厳しいと、もう一度プレイしたいとは思わないなぁ。
やっぱり惜しい作品である。


次はサンサーラ・ナーガ2を・・・って、あれもストーリーは良いが、間延びした戦闘がしゃらくさいんだよなぁ。
やっぱり止めとこう。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<潮時かね | HOME | ガデュリンプレイ端折りっ記・前編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。