今日もポイ捨て 投げ槍日誌

餓狼伝説シリーズ(特にRB2)を主体としながらいろいろ迷走してみようと思っていた時期がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっと叩いてみました

先ず、ジャンルとテーマは何が良いかと物色していると、コレ以外の何が在ろうかと言う程見事にピッタリなモノが見つかりました。

さて、何かと微笑ましい話題を提供し、その度に「馬鹿な子だなぁ」と世間に溜息吐かせる亀君。友達のブログを見ると、また何かやってくれたようです。要約すると・・・
こんなエピソードを披露してくれたのはいいが、子供に胃がんは見られない症状らしく、アッサリ嘘がバレちゃったと言うお話でした。
今回はオイタが過ぎたこのお馬亀を叩かせていただきます。しかし亀発言が嘘である事が前提なので、先ずはソースが肝心。そんな時はグーグル先生の出番です。
こんな感じで検索すると簡単に答えに辿り着きました。
これで準備は整ったので、あとはお馬亀を叩くだけです。
・・・・・
亀の態度や発言が素のものなのか、それとも脳足りんの親がそうさせるのか、救いようの無い馬鹿で捏造大好きなTBSが踊らせているのかは判らんよ。
瞼を切った、切らないなんてのは痛いのは本人だけだし、被害を被る対戦相手は試合で亀を完膚無きまでに叩きのめす事でチャラにもできよう。
今回の胃がんは『子供は胃がんを患わない』てことで「亀バカスm9(^Д^)プギャーーーッ」なんて笑い話で終わらす事も、まあ出来なくは無いかも知れん。
それでも胃がんと聞けば、私は志半ばで散った名司会『逸見政孝氏』を思い出し、切なくなる。
もしリアリティのある白血病とか骨肉種なんかを持ち出していたらどうなっていたろうか。現世での逃犬物語は終了していたかもね。
白血病と言えば思い出されるのは歌姫の『本田美奈子嬢』。私はたった1曲『ら・ら・ば・い』しか知らないけど非常に気に入っている曲で、病魔と闘う美奈子さんにこそ捧げたい曲だった。
今でもこの曲を聴けば、誰でもピカソで放映された闘病中の美奈子さんの姿が思い出されるわけです。

病名1つとってもこういう思いが湧いてくる。ましてや病気の当事者や看病した人達はどんな思いであろうか。それをダシにして同情を買おうとするこのどうしようも無い愚か者をどう見るだろうか。到底許される事ではあるまい。

もういい、もうウンザリだ。こいつは日本のボクシング会を世界の晒し者にしたいのか?
ただ在るだけで害悪を撒き散らすと言うならば最早この国には不要の物。
だが今尚日本国籍を持っているのであらば、せめて最期だけは美しく散ってくれ。こいつにはもうこれ以外の期待はしていない。
スポンサーサイト

テーマ:虚言癖 - ジャンル:心と身体

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もうちょっと叩いてみました | HOME | 転がる二人>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。