今日もポイ捨て 投げ槍日誌

餓狼伝説シリーズ(特にRB2)を主体としながらいろいろ迷走してみようと思っていた時期がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エモノたち

MHFで死闘を繰り広げた強敵(とも)を紹介しよう。
ちなみに、私の相棒は『鉄刀[神楽]』。最後までこれを愛用した。

vsドスイーオス
ピョンピョンと五月蝿い毒蜥蜴くん。
所詮はランポスの色違い、と侮って回避を怠り斬りまくってたらガブリと一撃。
初めて3デッドでのクエ失敗を経験させてくれた。
クック先生にも3殺された事ないのにぃぃぃ!!!
あっ、3殺って惨殺って感じの響きだね!実際そうだしね☆

vsドスファンゴ
正面から見ると、白髪混じりのあの顔が八名N夫にしか見えない。
手下のファンゴを引き連れて襲い掛かってくる様など、どう見ても悪役商会。
太刀はガードが出来ないので、悪役コンボ炸裂で轢き殺されることもありました。
クエスト報酬は「不味いー、もう一体!」。でも獲れるお肉は美味。

vsゲリョス
うわっ、まぶし!
幸い閃光からのコンボは喰らわなかったが、追い詰めるとあちこち逃げ回ってイライラした。
ペイントボールの効果が切れて行方知れずになり、スタミナ消耗の激しい洞窟を走らされ、食料は尽き果てる。
死んだフリ→殴る→逃げられるを3セット経由してどうにか倒した。
ソロでは二度と相手にしたくない。
最終日のパーティープレイでフルボッコにしました^^

vsダイミョウザザミ
チョキしか出せないカニ・・・と思わせて背負った頭骨でグー(風味)を出してくる。
でもパーは出せないよ。だってカニだもの。
初戦は45分経過し、制限まであと5分しか無いので特攻。意外だが当然の返り討ち☆
2戦目は、カニの落とした真珠を拾ってる間に轢かれて、命辛々別マップへ逃げ込み回復している所を下からズドーン!
録画していたら絶対うpしたであろう場面。
数戦を経て、回復と砥石が足りない事に気付いた。この辺のランクの相手には供給品だけでは勝てないか。
その後、圧倒的な物量による持久戦で、カニは泡を吹いて地に伏すのであった。
密林に出没するカニにはソロでは負けなくなった。倒すのに30分掛かるケドな!

PTでカニを相手にしてみた。
仲間が踏み潰され、はたまた衝き上げられ、そして私も空に放られ落下し、無数の蹴りを浴びせられた。ちなみに16HIT。
人はそれをブレスパと云ふ。
(カニはそんな事してきません!)
リベンジ戦、7分で浜茹でにされるカニに涙を禁じ得なかった。

vsダイミョウザザミ(砂漠編)
ハンター昇格試験とか、なんかそんな感じの試験。
初回はソロで挑んでみたが、食料とペイントボールが尽きてしまうと、あの広い砂漠では為す術無く野垂れ死ぬのみ(時間切れ)
こればかりは素直にPT募集してクリアした方が良いです。

vsババコンガ
宿敵。
タイマンで闘う分にはザザミより楽なのだが、その異常な体力によりソロでの討伐は厳しい。
こいつとは何かと因縁深い敵である。
初戦、残り時間5分で逃げられて追跡出来ず、サブターゲットのキノコを納めてお茶を濁した。
次戦以降は普通に返り討ちに遭っているが、その中でも特筆すべきは沼地での闘い。
回復・食料・スタミナ、そして時間と全てが尽きたが、しかし敵も瀕死。洞窟で雌雄を決する事になった。
大技を出さず、互いに隙を窺う・・・が、そこに背後からゲネポスの牙が炸裂。
なんとその一発で私は麻痺してしまった。
猿は一気に駆け寄り大きく息を吸い込むと、ニヤリと笑い、そしてブレスを吐き出した。
「や、やるじゃない・・・」
私はその賛辞を猿ではなく、ゲネポスに贈り、意識はそこで途絶えた・・・。
現装備でのソロ討伐を断念した瞬間である。
これも録画していたら絶対うpしていたね。

ソロでは厳しい猿だが、PTではどうだろうか。
初戦、開始早々にPTメンバーが回線落ちで脱落。迎えに行くため全員リタイア。
鼻緒が切れたとか、黒猫ニャーニャーとか、まあそんなところ。うん、不安いっぱいだね☆
2戦目、仲間が潰され、デンプシーで殴り飛ばされ、轢き殺されて、お帰りなさいませ、ご主人様^^
3戦目も早々に2デッドで、もう誰も死ねない状況。
猿は怒りで顔真っ赤だが、こちらは慎重に攻撃を加えてゆく。
そこに横の双剣使いが乱舞を発動。
猿は斬り刻まれているが、ついでに私も斬られている。
「ボクキラレテルヨー?ウゴケナイヨー?」
振り向く猿と目が合った。
「カイヒシナイトボクシンジャウヨー?」

・・・最後に猿の「ウホッ!」という声が聞こえた・・・そんな気がした。
HP、ほぼ満タンだったんだけどね・・・。

4戦目は皆慎重(笑)
紹介が遅れたが、PTメンバーは太刀2・双剣1・ライトボウガン1。
なんというノーガードPT。猿に撫でられただけで死んじまうぜ!
そしてやっぱり二死満塁。
猿は疲れて洞窟で寝ている。
先ずは回りの取り巻きを排除。
そして毒肉をセットし、猿を叩き起こす。
怒りながらも肉を食う猿。
そこにありったけの火力をブチ込み、遂に猿は討伐されたのである。
要した時間は20分。
慎重に相手したとはいえ、ダイミョウの3倍近い手間が掛かった。
これじゃ討伐PTの集まりが悪いのも頷ける。
なにせダイミョウ2回行った方が儲かっちゃうからね。


・・・以上、我が強敵(とも)の紹介終わり。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

MHF | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<MHFトライアル | HOME | 時にゃー昔の話をしよーか・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。