今日もポイ捨て 投げ槍日誌

餓狼伝説シリーズ(特にRB2)を主体としながらいろいろ迷走してみようと思っていた時期がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BUSIN0 B4探索記

(激しくネタバレします。ご注意を)


準備を整えB4へ降りると、モッサリお髭の素敵なドワーフに出会ったので、とりあえず『もっさん』と呼ぶ事にした。
もっさんは王の戦友だったようで、お国の現状を嘆いていたが、愚痴をこぼして気が済んだのか魔女を探しに行ってしまったので、こちらも探索を開始する。
B4は見渡す限りの溶岩地帯。見てるこっちも暑くなってくる・・・と言いたいところだがストーブを焚いていない我が部屋の温度は14度。ヒエヒエでありますw
それは置いといて、仕掛けを起動しつつ探索を進めると溜池のような物のある部屋に辿り着いた。その横を通ると何やら誘う声が・・・。
池の方を見ると『サッきゅん(サッキュバス)』が襲ってきた。
EDを警戒してモタモタ戦っていたら、仲間を呼ばれてマズい事になってきた。
ジリ貧になりそうなので集中陣ザクレタを使うも、大したダメージは出ず、逆にサッきゅんのザクレタでムワッヒドとコンデが死亡。エーリカは『ゲイズ(魔眼)』で行動を封じられた。
こうなってはED覚悟で主人公とイーリスが『スレイクラッシュ』(まだ『ソウルクラッシュ』にはならない)で削っていくしかない。その間もカナコは盗みに勤しんでいた。
その後は『ドレイン』というマニアックな魔法でエーリカが殺され、前衛もザクレタで焼かれたが、どうにか殲滅に成功。しかしカナコは何も盗めなかった。
戦闘終了後、その様子を見ていた騎士団長『ベルグラーノ』に「やるじゃない」とか言われた。
こっちは全滅寸前だっつーの!助けなさいよ!!・・・と言ってやろうと思ったが、ベルグラーノは自分の言いたい事を言って去ってしまった。一人でB8を踏破するとか何とか言っていたが、死んでしまいますよ?

一旦街へ戻り、酒場で掲示板を見てみると『ヴァーゴ』という人が依頼を投稿していた。B4で困っているらしいので早速行ってみた。
ヴァーゴ曰く「未来から来たんだけど、相棒のオークがB5の部屋に閉じ込められた」らしい。
「はぁ?未来?とんだ電波ですね( ´,_ゝ`)プッ」と言いそうになったが、ヴァーゴは『メガデス』が使えるようなのでグッと堪えた。ボクマダシニタクナイモンネ☆

適当に敵を薙ぎ倒しながら探索していると、LV6忍者×3、ケルベロス、LV1メイジという一団に遭遇し、メイジにザティールで感電させられ、犬には炎で焼かれ、挙句、忍者に首を刎ねられとチヤホヤされまくってパーティーが崩壊。
どうにか街へ逃げ帰り、B1のピクシーに八つ当たりする。
その後は座談会の主催者『キモス』とピクシーについて熱く語り合ってみたりと、程よく現実逃避したところでこの日の探索は終了した。

後編へつづく・・・?
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

Wizardry | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BUSIN0 B4探索記・後編 | HOME | B3探索記・後編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。