今日もポイ捨て 投げ槍日誌

餓狼伝説シリーズ(特にRB2)を主体としながらいろいろ迷走してみようと思っていた時期がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ある日見たスレで

最近のPC状況を知るために方々のスレを散策していた時、面白い話があったのを思い出した。

内容は、今まで普通に使っていたPCがある日突然、リブートやシャットダウンが頻発するようになり、使い物にならなくなった・・・というもの。
その人は、マザボの電池を交換する等やってみたが、効果は無し。
で、ふとコンセントを見てみると、省エネタップが別の物に替わったいたのに気付く。
その事をかーちゃんに聞いてみると、買ってきた安物タップと交換していたらしい。
そしてそれを元の物に戻すと・・・PCは今までの不具合が嘘のように元気に活動を再開したそうな。
J( 'ー`)し「あらやだ、ごめんなさいねー」
('A`)「カーチャン…」

蛸足配線は充分配慮が必要である・・・という教訓でした。
最近はグラボの消費電力が上昇して、PCの電源が600W必要になる事もあるそうで、こうなると最早、家庭用の電子レンジ級の消費電力です。
どういう構成にすればそんな恐ろしい事になるのかは知りませんケド。

しかしこれ程の消費電力となると、発熱も相当な物になりそう・・・。
ケース内にちょっとでも埃が溜まれば、即熱暴走起こしそうな気がする。
随分昔にスレで見たのか、本で見たのか忘れたが、
「PCの動作がおかしくなった!」と修理依頼に出されたPCの多くが、ケース内に溜まった埃が原因で、掃除すれば元通り動くようになるんです(笑)
という話が書いてあった。ショートの場合は致命的だが、大概は排熱効率の低下による熱暴走なんだとか。
○ニータイマーが働いたならいざ知らず、普通に使って1年やそこらでPCが壊れる事は無いわなぁ。
自作ならCPU倍率のジャンパ設定を間違って、電源入れた途端に発火する事もあるかも知れないが、今となっては倍率設定もBIOS画面で行う時代・・・というか、勝手に認識して設定してくれる時代だし。それはそれでちょっとツマラナイかなw

こんなこと書いてると、PCに詳しいのかと思われるかもしれないが、
初代はPC-98だし、3代目はBTOショップでパーツを注文したら和作どんが組み立てて送ってくれた物。
自作したのは、ベーマガ片手にコツコツ組み立てた2代目だけなので、ジャンパだの配線だのはすっかり忘れているし、ヒートシンクの取り付けなどした事も無い。
そもそもこんなド田舎じゃ、ヒートシンクやシリコングリスなんて手に入らないしな!(売ってる店あったらゴメンナサイ)
得意げにBIOSがどーのとか言っていても、所詮はこの程度さー。HAHAHA!!


・・・で、結局何が言いたかったのかというと、半年、できれば四半期に1度くらいはPCを掃除しましょうねー(ケース開けたらビックリするよ!)、と言う事でした。
あ、掃除機で直接吸っちゃダメなんだからね!
スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メドレー | HOME | ハイスペックは凄かった>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。